2011年10月24日

QWS3-4

やせるかもしれないワークショップ第4回が
終わりました。
今回は、
講師の斉藤が不在のため、
深谷さんに代行をお願いしました。
深谷さんは、駒ヶ根市を中心に演劇活動されている方です。

私は深谷さんと余りお話した事なかったので、みんなが来る前に、少しおしゃべり。
深谷さんが、現在、稽古されてるお芝居の話をしている内に、そろそろWS開始の時間に。

それでは、前半開始。
今回は、
QWS参加が始めての方が来てくださいました。
まずは、アップ。
苦手な所や動く所を感じながらアップする。
呼吸は止めない。
関節のほぐしをしっかりする事で、
声がしっかり出るそうです。

深谷さんの、マッタリとした雰囲気の中、
しっかりとしたアップが終了。
アップだけでも、
じっくりやると汗が出ますよ。

休憩を挟んで、
後半は戯曲を読む。
今回の戯曲は、宮澤賢治の「虔十公園林」。
私も一緒に、参加しました。
朗読するにはちょっと長いかな?と思いましたが、3人で読んだらあっという間。
普段、
声に出して読むなんてなかなかないので、
ちょっとスッキリして、
気分転換になります。

読んでみて、お互いに感想を話しました。
ひとつの作品を通して、
いろいろな角度から見た感想が出てきておもしろい。
何人かで読むだけで、
こんなにも作品が膨らむのかと、
ちょっとびっくり。

その後は、
場所を変えてみんなで夜ごはん。
斉藤さんも、ギリギリ最後に合流しました。

深谷さん、
急なお願いをありがとうございました。


posted by qrack at 21:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

おつかれさま〜。

久しぶり?に、
3人揃って打合わせ&
Qrack地方2歳お誕生日会&
原くんおつかれさま会をしました。

打合わせは、
WSの事とか
iPhone4Sとか
iPadの事とか、いろいろ(^_^;)
posted by qrack at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

QWS3-3

シーズン3「やせる!かもしれない」演劇ワークショップも、全6回のうち、3回を終えました。毎シーズンごとに新しい参加者が来てくださって、うれしいかぎりです。 昨日も新しい方が来てくださりました。会場の「ふれ愛センター」が分からず、「地元の方に聞いても分からないんですね」と道に迷って来られたご様子。演劇経験はなかったそうなんですが、熱心に楽しんで参加してくださいました。

今シーズンでやっていることをざっとお話しして、実際のトレーニングへ。身体をほぐすストレッチと揺らし、腕と足の脱力を軽くやって、強い息のためのブレス系。そして響きを軽くやりました。こういう「トレーニング」は、いっときに何度くらいやるのが「頃合い」なんでしょうかね? ツラくなるまでやった方がいいのか? そこからさらに続けるべきなのか? 悩んでしまいます。

気持ちよく声を出すのも、「やせる!かもしれない」今シーズンの目標です。今回は、とある有名な映画の台詞と、ジブリアニメの主題歌のを読みました。本来の意味や読まれ方やを無視して、様々なニュアンスで読んでみました。言葉をいじるって面白いですね。

そして最後に、戯曲を読みました。三島由紀夫 近代能楽集から「卒塔婆小町」。主な登場人物が2人。役の割り振りも助かりました(笑)。演技としても追求が求められる戯曲でしたが、今回はWSなので、いちばん大事なのはお芝居を楽しむこと。ドラマとしての背骨がはっきりしている戯曲だったので、始めて読むにしては楽しめたかな。

WSでは、演劇未経験の方や、何年も前に少しやっただけという方も大歓迎です。そういった方々がこれから演劇を楽しんでいくにあたって、私たちのワークショップが良いアプローチを提供できればいいなと思いました。

この週末は、宮田村民会館で芝居の会の公演がありました。シーズン2に来てくださっていた俳優さん3名も出ていて、あったかいお芝居をつくられていました。

来週末は、伊那舞台の公演が箕輪町文化センターであります。稽古場をのぞかせてもらったところ。エネルギッシュでスピード感のあるお芝居になりそうです。Q地方からもスタッフで参加しています。 よろしければ、足をお運びください。
posted by qrack at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。